普通な小学生のための国語と算数のプリント集

漢字が苦手で独り言

漢字の練習を見ていて思うことを書いてみました。




学習塾をしていて、漢字が苦手なんですという子は結構多くいます。
漢字が苦手って子のなかにはきちんと練習していない子が多い気がします。(当たり前と言われればそうですが…やっていないから苦手かな?)
きちんとというのは宿題をしていって学校で怒られないという意味ではなく、きちんと自分のために漢字の練習をしているかということです。
学校では大抵漢字ドリルなどをノートに練習する宿題が出ていると思います。
多くの子は宿題をしっかりして行くのでしょうが、なかには極端に目的が変わっていく子が出てきます。
いかに早く学校の先生に怒られないように練習するかを考えそのためだけに練習するのです。
ここで、できる先生はその傾向を察知し対策をされるのですが、なかには気づかない先生や×をつけるだけの先生や間違った漢字練習にまで花丸を付け続ける先生もいます。
学校の先生はすることが多いので多少は仕方がないのかもしれませんがお子さんの先々を考えるとそれで納得するのも…という気もします。
ただ、全て学校に頼りっきりというのも健全ではない気がするので、親御さんが漢字の練習を見て上げるのができればよいと思います。
特にお子さんが漢字が苦手という場合は良いです。
漢字が苦手な子に見られるのはこんな癖があります。


・大人から見て書いた漢字がなんて書いてあるか分からない。
・筆跡が非常に薄い。
・書くたびに書き順が変わる。
・誤った漢字をそのまま消さずに上からなぞってごまかす。


おおまかにこんな傾向がある気がします。
ただここをちょこっと、なおしてあげるだけで、漢字の苦手がなおる子が多いです。
また苦手がなおるまで行かなくても漢字の覚えるスピードは随分早くなります。
ほんのちょっとしたことですが、そのほんのちょっとしたことが後々おおきな差になってあらわれます。
ちょっと丁寧に書く、ちょっと時間をかける…そのちょっとで大きく変わります^^


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
<進研ゼミ小学講座>お子さま一人でも楽しく取り組める教材設計で、自ら学ぶ力が身につく!



普通な小学生のための国語と算数のプリント集
へ戻る

Copyright © 2008 potta All Rights Reserved